作成者別アーカイブ: ちゃぶち@管理人

淡海國玉神社の狛兎(静岡県磐田市)

浜松から東海道線で東に向かい、天竜川を渡ります。 川を渡った先は磐田市。この付近はかつては、遠淡海国(とおつあはうみのくに)と呼ばれてました。その後、遠江国(とうとうみのくに)とも。これは、中央に近い琵琶湖を近淡海(ちか…続きを読む

千葉神社 尊星殿 震宮 神兎

千葉神社の八方星宮の神兎(千葉県千葉市)

前回予告通り、星と神兎を追いかけて千葉へとやって参りました。 JR千葉駅。新しく大きい駅舎はホームと商業施設が多層構造になっています。モノレールが乗り入れているあたり、未来っぽい。 ちょうど市街では夏祭りが催されていまし…続きを読む

大須三輪神社 御朱印

大須三輪神社の福兎と御朱印兎(愛知県名古屋市)

名古屋めしのひとつ「みそかつ」の有名店「矢場とん」。本店は大須の矢場町にあります。このすぐ近くに神兎が集い、さらに御朱印ガールが集うスポットがあると聞き、やってまいりました。 化粧廻しをした豚があしらわれた「矢場とん」の…続きを読む

新海三社神社 神兎

新海三社神社の龍灯籠の神兎(長野県佐久市)

信州の佐久市。こちらを通る中山道は、東は軽井沢を経て関東へ、西は諏訪を通り尾張へ抜ける古くからの重要な街道です。また、古代においては、日本海から東国へと抜ける人々の流れの中にありました。信州の神と言えば、諏訪大社。その諏…続きを読む

麻賀多神社 本殿 波兎

麻賀多神社の印旛の白兎(千葉県印旛)

千葉の成田市にある印旛沼。この「印旛」は「いんば」と読みますが、白兎伝説で有名な鳥取の「因幡(いなば)」と音が似ています。そんな印旛沼のほとりに集中する麻賀多(まかた)神社という古社に、神兎がいらっしゃるという。早速、“…続きを読む

疱瘡除けの白兎

高崎の兎神信仰と疱瘡神(群馬県高崎市)

群馬県高崎一体に「兎神」を祀る神社が分布しています。いわゆる神の使いではなく神そのもの。神兎研として重要な聖地です。 田植えの季節です。高崎の水田からは、軽井沢の山々が望めました。 この高崎から前橋にかけて、兎神を祀る神…続きを読む

葉山須賀神社と前前前世

葉山須賀神社と波兎の前前前世(神奈川県葉山)

葉山の地に鎮座する須賀神社。この地に鎮まるには、まさに前世の物語がありました。傍らの神兎は何かを目撃したのでしょうか。 夏休みに入ったばかりの逗子海岸。残念ながらちょっと天気が悪かったのですが、それでも海水浴客が集まって…続きを読む

尾張の蕃塀

蕃塀の神兎と津島祭の夜(愛知県稲沢市・津島市)

尾張の神社には「蕃塀(ばんぺい)」と呼ばれる独特な塀があります。こちらにも神兎が刻まれているらしい。 それはすぐに調べねば! ・・・の前に腹ごしらえです(ぉぃ)。名古屋といえば名古屋めし。その代表の「ひつまぶし」(東鮓本…続きを読む

フランス・パリ 貴婦人と一角獣と兎

貴婦人と一角獣と神兎(フランス・パリ)

さて、ぴゅーんと飛んでまいりました。橋から望むこの美しい日の出。ここはフランス、そしてパリ。ヨーロッパの都です。 今回は自由時間が朝方だけに限られておりまして、日の出とともに神兎探訪を開始いたします。 橋の反対側を見ると…続きを読む

湯倉神社のなでうさぎ(北海道函館市)

は~るばる来たぜ、はーこだってへーー♪ ということでやってきました、北海道は函館です。季節は3月ですので、まだ雪が残っていて寒い・・・。しかし、こちら函館にも素晴らしい神兎がいらっしゃると聞いております。 おなじみの函館…続きを読む

燃え萌え!神田祭と兎とアキバ文化(東京都神田)

江戸三大祭のひとつ「神田祭」。その中心となる神田明神には神兎がいます。もともと賑やかな祭りでしたが、最近はアキバ文化の影響を受けて、なんだかすごいことになっているという噂です。 日本最大の電気街であり、現在ではどちらかと…続きを読む

堺 宿院頓宮と美々卯うどんすき(大阪府堺市)

住吉大社の祭で、神輿が渡る先が堺市の宿院頓宮です。 「宿院(しゅくいん)」とは寺社の宿泊所のこと。「頓宮(とんぐう)」とは、神や帝の仮宮のことを言います。 阪堺電車「宿院」を降りて中央環状線を東へ。幅広い環状線に飲み込ま…続きを読む