菟頭神社 鉄燈籠 兎

菟頭神社とトトフの神(愛知県豊橋市)

LINEで送る

豊橋の菟頭神社。「うがしら」と読んでいるようです。「うさぎのあたま」とは一体?
豊橋駅から南へ向かい、渥美半島のつけ根、遠州灘の崖の内側に、菟頭神社は坐します。周囲は名産のキャベツなどの畑が広がるのどかな場所。集落の奥に鳥居を構えています。

菟頭神社 参道 入り口

菟頭神社 標柱下がっていく参道は珍しいですね。出雲大社の参道がそういえば下り参道で、色々と意味がつけられているようですが、こちらは、ちょうど海食崖の内側に参道が伸びており、特に意味はなく地形的な問題かもしれません。
「菟」の字は、正確には「草かんむり(真ん中分かれ)」+「免(上部は「刀」)」と書くようです。

菟頭神社 参道 鳥居

参道を進んでいきます。海からの風が、潮の香りを運んできます。

菟頭神社 鳥居

境内の鳥居まで到着。境内は掃き清められており、地元の方に大切に崇敬されているのを感じます。

菟頭神社 本殿

東海地方に良く見られる、寺のような重厚な瓦屋根を持った本殿。その虹梁上に…

菟頭神社 本殿 向拝

海沿いの神社にふさわしい、波の上で追いかけっこをする2柱の兎像。波の表現が実に滑らかです。

さらに、数歩下がって・・・

菟頭神社 鉄燈籠

両脇の2基の鉄灯籠の基部に注目!!

菟頭神社 鉄燈籠 基部

基部の周囲をグルグルと、何柱も兎が跳ねています!

菟頭神社 鉄燈籠 波兎

菟頭神社 鉄燈籠 波兎

菟頭神社 鉄燈籠 波兎菟頭神社 鉄燈籠 波兎

明治31年に寄進された鉄燈籠のようです。兎の意匠が“モダン”ですね。

菟頭神社 由緒書

祭神 月読命(つくよみのみこと)

祭神は、夜を治める月読命となっています。月といえば兎、ということで、これらの意匠につながっているのでしょう。ただ、由緒書きを見るともう少し複雑です。

当神社の創立年代は不詳ながら、三河国内神明帳に「正三位寅之大明神 坐 渥美郡」とあり、寛文11年(1671年)の高塚村免定書付には、「戸とうの宮様」と記されている。また明治2年の神社巨細取調書は「トトフの大明神」と称え、明治5年の郷社制度制定を機に「菟頭神社」と改称され今日に至っている。

つまり、もともとは「戸とうの宮」と呼ばれており、「菟頭」は当て字であるようなのです。また明治の初期は「ととう」と読んでいたと思われますが、どこかで「うがしら」と読み換えられたということでしょうか。となりますと、月読命がいつから祀られていたかが気になります。当て字の「菟」から連想されて祀られていたとすれば、明治より前については別神が祀られていたのかもしれません。

この「ととう」、柳田国男氏の研究の「遠戸」から来ているのではないか、という記述がネットにありました。対する言葉に「近戸」があります。関東近辺に「遠戸神」「近戸神」という神名が見られるようです。村の境におかれた「境の神(さかいのかみ)」(道祖神)の変化の1つのようです。

ただ、場所的には海側の崖の内側にあり、通常道祖神が置かれる場所ではないような気もします。この地域はかなり地震にみまわれた記録が残っており、本来の社地もここではないのかもしれません。

何にしても、もう少し調べてみないとわかりませんね…。課題として残し、神社を後にしました。

少し南に向かうと、すぐ海です。

菟頭神社 海岸

渥美半島のつけ根で、このような砂浜と海蝕崖が、伊良湖岬まで西に続いています。ちょうどこの崖の裏手に菟頭神社はある形です。そういえば月読命は海原を治める神とも伝わっています(日本書紀)。「戸とう神」だけではなく、元から月読命も祀られていた可能性もありますね。

菟頭神社 海岸

この付近の海の波は高く、どこか人を拒絶するような峻厳さがあります。海の向こうに、古代の人達は、神の世界を想像していました。神と人との大きな境界線がここにはあるような気がします。

名称 菟頭神社
住所 愛知県豊橋市高塚町字西方2


大きな地図で見る

(参拝:2014年3月8日)

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>