宇佐神宮 菟狭顕彰碑

宇佐神宮と古代菟狭氏(大分県宇佐市)


U.S.A!! U.S.A!!
前回のフランスに引き続き、ついに神兎研がアメリカ大陸へ!?…ではなく、九州のUSA市。すなわち宇佐市です。

宇佐駅

最近は”Made in USA”というような良いノリで話題を作っている宇佐。しかしこの地名自体は、アメリカ建国よりも圧倒的に古く、古事記には「宇沙」、日本書紀には「菟狭」の記述がみえます。そう「菟」=「兎」。そもそも読みも「うさ」。これは神兎研としては調べねばなりません。

宇佐駅

JR日豊本線の宇佐駅は神社風の装飾がなされています。こちらは、かの宇佐神宮の最寄り駅。全国4万社とも言われる八幡宮の総本社です。

駅から車で10分ほどいきますと、

宇佐神宮 参道

こちら宇佐神宮に到着いたしました。さすがの広い駐車場と太く長い参道。

宇佐神宮 参道鳥居

最初の鳥居です。屋根を持ち大きく沿った形は、ここ宇佐神宮にしかない形で「宇佐鳥居」と呼ばれます(明神鳥居より反りが大きく額がない。また八幡鳥居と呼ばれるものは反りがなく端が斜めにカットされている)。

鳥居の脇には由緒書があります。

宇佐神宮 由緒書

宇佐神宮御由緒

当神社は全国に四万社あまりある八幡宮の総本宮であります。
神代に比売大神が馬城の峰(大元山)に御降臨になった宇佐の地に、欽明天皇32年(571)応神天皇の御神霊が初めて八幡大神としてあらわれ、宇佐の各地を御巡幸ののち神亀2年(725)に亀山の一ノ御殿に御鎮座になりました。
また天平3年(731)比売大神をニ之御殿にお迎えし、のち弘仁14年(823)神託により神功皇后が三之御殿に御鎮祭されました。
皇室は我が国鎮護の大社として御崇敬篤く、特に八幡大神が東大寺大仏建立援助のため神輿にて上洛されたこと、また和気清麿公が天皇即位にかかわる神託を授かった故事などは有名であり、伊勢の神宮に次ぐ宗廟、我が朝の太祖として勅祭社に列せられております。(鳥居脇 由緒書)

全国にある八幡宮の総本社! 日本の神社の数は10万社、摂社末社を含めると20~30万社とも言われますが、その中でも最も多いと言われるのが八幡宮です。武家である清和源氏、桓武平氏からの崇敬を受ける武運の神とされます。詳しくは後ほど本殿前にて。

宇佐神宮 菟狭顕彰碑

さて、鳥居をくぐった脇にあるのがこちらの「神武天皇聖蹟菟狭顕彰碑」です。碑の後ろには「神武天皇甲寅年冬舟師ヲ帥ヰテ筑紫国菟狭ニ至リ給ヘリ聖蹟ハ此ノ地方ナリト推セラル」とあります。
手前に更に詳細な解説がありました。

日本書紀によれば、神武天皇は御東征のとき、日向を発たれ、椎根津彦命(シイネツヒコノミコト)の水先案内で豊後水道の難所を通り抜け、宇佐に上陸されました。
このとき宇佐国造の祖である菟狭津彦命(ウサツヒコノミコト)菟狭津媛命(ウサツヒメノミコト)が天皇一行をお出迎えになり、一柱騰宮(アシヒトツアガリノミヤ)を建て(みあえ)(ご馳走)を奉ったことなどが記されています。これを記念して昭和15年(1940)に、この顕彰碑が建てられました。

神武天皇はもちろん日本神話に語られる初代の天皇。九州高千穂(宮崎)に降りた神・瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)の曽孫です。このときのお名前は、神倭伊波礼毘古命(カムヤマトイワレビコノミコト)。宮崎・日向から近畿のヤマトへ向かう長い旅“神武東征”の初期のエピソードです。

この地方を治めていたのが、菟狭津彦命(ウサツヒコノミコト)菟狭津媛命(ウサツヒメノミコト)の2人(古事記では宇沙都比古・宇沙都比賣)で、天皇の一行をもてなし、一柱騰宮(アシヒトツアガリノミヤ)(古事記では、足一騰宮)を建てたとあります。

日本書紀原文。

行至筑紫國菟狹。菟狹者地名也、此云宇佐。時有菟狹國造祖、號曰菟狹津彥・菟狹津媛、乃於菟狹川上、造一柱騰宮而奉饗焉。一柱騰宮、此云阿斯毗苔徒鞅餓離能宮。是時、勅以菟狹津媛、賜妻之於侍臣天種子命。天種子命、是中臣氏之遠祖也。

古事記では、

故、到豐國宇沙之時、其土人、名宇沙都比古・宇沙都比賣此十字以音二人、作足一騰宮而、獻大御饗。自其地遷移而、於筑紫之岡田宮一年坐。

菟狭津彦命と菟狭津媛命の関係は不明ですが、菟狭津媛命が天種子命(中臣氏の遠祖)と結ばれていますから、兄妹でしょうか。

宮の名前について、本居宣長の古事記伝によると「宮の一方は宇佐川の岸に片かけて構へ、一方は流れの中に、大きなる柱を唯一たてるなり」とありますが、日本書紀の「一柱騰宮」の文字を解釈するとそうなるということで、どちらかというと読みを優先し、「一足だけあがったちょっと立ち寄った宮」という気もします。ただ鳥居の原型が、古代信仰では1本の柱だったという説もあり(「高木神」にもつながる)、菟狭津彦命達がどのような信仰や文化を持っていたかについて、気になりますね。

宇佐神宮 参道 橋宇佐神宮 参道 橋

神橋を渡って境内へ向かいます。こちらの川は寄藻川。先に挙げた日本書紀にみえる「菟狹川」はこちらだと言われています。

宇佐神宮 鳥居

その先には更に宇佐鳥居(大鳥居)が構えられ、くぐると広大な境内になります。

宇佐神宮 菱形池と原始蓮

境内に広がっているのが菱形池(ひしがたいけ)。蓮が広がり、花を咲かせています。ここの池には宇佐神宮の由緒に関わる伝えがありました。

欽明天皇の29(569)年、宇佐神宮境内の菱形池のほとりの泉のわくところに、ひとつの身体に八つの頭という奇異な姿の鍛冶をする翁があらわれて、この姿を見た者はたちまち病気になったり死んだりしました。
大神比義(おおがのひぎ)が見に行くと老人の姿なく、かわりに金色の鷹が見えました。比義が『誰かによって鷹に変えられたのか、自分の意志で鷹になったのか』と問うと、鷹は金色の鳩となって比義の袂の上にとまりました。
神が人を救済されようとして自ら変身されたことを知った比義が、3年あまり断食をして祈り続けたところ、ついに欽明天皇32(571)年2月初卯の日に、この泉のかたわらの笹の上に光かがやく3才の童子があらわれ『われは誉田の天皇広幡八幡麿(ほんだのすめらみことひろはたのやはたまろ)なり。わが名は護国霊験威力神通大自在王菩薩(ごこくれいげんいりょくじんつうだいじざいおうぼさつ)で、神道として垂迹せし者なり』と告げられました。そしてたちまち黄金の鷹になって駅館川(やっかんがわ)の東岸の松の上にとどまったといわれます。
そこに和銅元年(708)鷹居社をつくり八幡さまを祀り、のち霊亀2年(716)小山田の林に移られ、ここに小山田社を造営。神亀2年(725)年に現在の社地、亀山(菱形山とも小椋山ともいう)に移されて八幡大神様が鎮座されたのが宇佐神宮の創立です。
(宇佐神宮HPより 『靈卷五 八幡宇佐宮御託宣集』菱形池邊部 からの要約)

大神比義は宇佐神宮の神官の始祖となる人。境内入り口で見た由緒の、八幡神の顕現の記述がなされています。
記述にある鷹居社は、鷹居神社(鷹居八幡宮)として、宇佐神宮の西1kmくらいのところに鎮座します。こちらの伝承では、大神比義と辛嶋勝乙目(からしまかつおとめ)によって祀られたことになっている。大神氏と辛嶋氏はともに宇佐神宮の神官です。

『八幡神』はとても謎の多い神です。記紀には出てきません。
あとで述べますが、3柱もしくはそれ以上の神の習合だと思われます。
そのうち1柱は、宇佐神宮では、当初「8つの頭を持つ鍛冶の翁」として現れ(鍛冶神?)、鷹や鳩になって、応神天皇(誉田別命(ホンダワケノミコト))と同一の神となっています。

同じ「八幡宇佐宮御託宣集」には八幡神の言葉として「辛国(からくに)の城に、始めて八流の幡と天降って、吾は日本の神と成れり」という一文があります。八流の幡は八幡の名称のもととなった言葉と言われ、「八(や)」は数が多いこと、「幡」は「旗」を意味し、神の依り代とされています。「辛」は「韓」や「伽羅」に関連すると言われ、八幡神の源のひとつが外来神であったことが示唆されています。

私としては、渡来人系である辛嶋氏が祀る「ヤハタ」の神と、いくつかの周辺の神々と、大神氏が奉じる「ホンダワケ」の神をここでひとつにしたのではと考えています。さらに神仏習合も行われました。

ん? 菟狭津彦命達から連なる宇佐氏はどこへいったのでしょう。
そんな疑問を持ちながら、先に進んでまいります。

宇佐神宮 参道 登り際

ここから参道は山へと入っていきます。

宇佐神宮 石灯籠宇佐神宮 石灯籠

参道にある石灯籠は、柱が6角。火袋が6面なのはよくありますが、柱までというのは少し珍しいような。

宇佐神宮 下宮

参道には摂社が並ぶ中、こちらは別格。
宇佐神宮の下宮です。嵯峨天皇の弘仁年間(810年~824年)に、上宮の分神を祀り、上宮が国家の神であるのに対して、下宮が民衆の神と言われています。

宇佐神宮 下宮

3つの御殿からなり、一之御殿は八幡大神(応神天皇)、二之御殿が比賣大神(ひめおおかみ)、三之御殿が神功皇后。ご祭神については、上宮で改めて。さらに一之御殿には大神比義を祀る大神祖神社が相殿とされています。

宇佐神宮 兆竹

傍らには「兆竹さましだけ」があります。宇佐神宮で行われていた卜占ぼくせんで、焼いた亀甲を冷ますのに使った竹らしい。

宇佐神宮は古くから国家の大きな出来事において神託を下ろしています。

有名なものとしては、聖武天皇が東大寺大仏建立の際(745年)に鋳造に必要な金の確保を託宣を求めたところ、「われ天神地祇を率い、必ず為し奉る」と託宣し、実際に奥羽より金が献上されたというもの。仏教の神のために、天神地祇を率いるというのは、かなり神仏混合した託宣でした。
また、女帝・称徳天皇の折(769年)、天皇の寵愛を受けていた弓削道鏡が偽の託宣で次の天皇につこうとしたとき、和気清麻呂が改めて真の託宣を求めたところ「皇諸をたてよ」という託宣を下し、皇系を護っています。

ホンダワケの神道とヤハタの神、仏教をも大局的に見て道を示す。当時の朝廷が強い信仰と信頼を寄せていたようです。伊勢神宮と並ぶ二所宗廟とされていました。

宇佐神宮 春宮神社

こちらは春宮とうぐう神社。祭神は莵道稚郎子命(うじのわきのいらつこのみこと)です。お。神兎研っぽくなりました。莵道稚郎子命は京都宇治に祀られる神であり、応神天皇の御子です。神兎研では先日の記事で紹介いたしました。春宮とうぐうとは、皇太子のことです。
異母兄である大鷦鷯尊おおさざきのみこと(仁徳天皇)に皇位を譲るべく自殺したと日本書紀では伝えています(実際には「宇治天皇」という名もあり、即位して仁徳天皇と争ったとも言われています)。

宇治の宇治神社、宇治上神社には神兎がいるのですが・・・頑張って探しましたがこちらにはいらっしゃらないようです。残念。

宇佐神宮 若宮神社

応神天皇の御子ということで、大鷦鷯尊おおさざきのみこと(仁徳天皇)も祀られています。こちら若宮神社。祭神は、大鷦鷯命、大葉枝皇子おおはえのみこ小葉枝皇子おはえのみこ隼別皇子はやぶさわけのみこ雌姫皇女めとりのひめみこの5柱。応神天皇の子は鳥に関連する名前が多いですね。大鷦鷯命、隼別皇子、雌姫皇女には因縁もあったような気もするのですがスルー。莵道稚郎子命だけが分けられているのは、やはりそういうことなんでしょう・・・。

宇佐神宮 参道

参道を登っていきます。木々に囲まれ、シンとした雰囲気です。

宇佐神宮 上宮 鳥居

坂を登りきると、最後の宇佐鳥居が見えてきます。これをくぐると、

宇佐神宮 上宮 西大門

上宮の西大門さいだいもんに到着いたしました。

宇佐神宮 上宮 西大門 装飾 宇佐神宮 上宮 西大門 装飾 宇佐神宮 上宮 西大門 装飾 宇佐神宮 上宮 宇佐神宮 上宮 神紋 宇佐神宮 上宮 一之御殿 宇佐神宮 上宮 三之御殿 宇佐神宮 上宮 二之御殿 宇佐神宮 大元神社 遥拝所 宇佐神宮 三女神 宇佐神宮 大元神社 御許山(馬城峰)を望む 宇佐祖神社 看板 宇佐神宮 頓宮 宇佐祖神社 宇佐神宮 頓宮 宇佐祖神社 宇佐神宮 宇佐飴 丸武商店 宇佐神宮 宇佐飴 宇佐神宮 宇佐飴 宇佐神宮 参道 こおした旅館 宇佐神宮 参道 こおした旅館 だんご汁 宇佐のUSAサイン 宇佐のパリー美容室 三和酒造 いいちこ 宇佐 青菟狭・白菟狭焼酎 まほろば菟狭物産館 焼酎 まほろば菟狭物産館 焼酎


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。